虫歯は自然には治らない病気です

虫歯は初期に痛みなどの自覚症状がないため、「痛み」や「しみ」などに気づいたときには、すでにかなり進行してしまっているということも少なくありません。また虫歯は風邪や腹痛などのように、しばらく様子をみているうちに治るということがない病気。そのため、早期の治療がとても重要になるのです。

虫歯は、予防することがなにより大切ですが、もしできてしまったときには早期治療が重要です。悪くなる前から定期検診に通うとともに、少しでも異変に気づいたら、できるだけ早くご来院ください。

虫歯はこうやって進行します

進行段階 C0
【ごく初期の虫歯】
C1
【エナメル質の虫歯】
C2
【象牙質の虫歯】
 
C3
【神経まで達した虫歯】
C4
【歯根まで達した虫歯】
症状 歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。
治療法 適切な歯磨きやフッ素塗布で治ることがあります。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用樹脂)を詰めて治療します。 虫歯に冒された部分を削り、詰め物で補います。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、被せ物を被せます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

「歯の再石灰化」をご存知ですか?

「歯の再石灰化」という言葉を耳にすることがあるのではないでしょうか? これは、虫歯予防にあたっての重要なキーワード。その内容は次のとおりです。

お口の中では、常に「脱灰(だっかい)」と「再石灰化(さいせっかいか)」がくり返されています。

脱灰
虫歯菌によって歯の表面が溶かされ、カルシウムやリン酸が奪われている状態。
再石灰化
だ液によって虫歯菌の酸が中和され、カルシウムやリン酸が元に戻ってくる状態。

お口の中ではこのように、自然と虫歯に抵抗する力が働いています。しかし、常にだらだら食べ続けていたり、就寝中のようにだ液の分泌量が少なくなったりすると、再石灰化は阻害されてしまいます。そのため虫歯予防には、意識的に再石灰化を促すことが重要になるのです。

メディカルリンクスでは、「歯の再石灰化」を促すことをふまえた予防(P13へリンク)処置を行っています。積極的な予防によって、大切な歯を守っていきましょう。

歯がしみるのは知覚過敏かもしれません

「歯がしみる」「痛い」という症状は、実は虫歯にかぎったものではありません。これらの原因が虫歯ではない場合に考えられるものには、「知覚過敏」があります。

知覚過敏とは、歯の内側にある神経に近い象牙質が、なんらかの原因によって露出し、刺激を受けている状態のこと。原因には歯周病や歯ぎしり、食いしばりなどが考えられています。知覚過敏の症状は、しばらく様子をみていれば治まることもありますが、いつまでも治まらない場合には、コーティング剤を塗るなどといった処置をすることも可能です。痛みをがまんせず、一度ご相談ください。

虫歯は予防をすることで撃退できます。くわしい予防方法はこちらをご覧ください。