歯の機能を取り戻す、もっともポピュラーな治療

歯を失ったときの治療として、古くから親しまれているのが入れ歯(義歯)。近年ではインプラント治療が注目を集めていますが、「手術が不要」「費用を抑えられる」など、入れ歯には入れ歯のメリットがあります。

また入れ歯には、「ずれる」「噛みにくい」「目立つ」などといったマイナスイメージがつきものですが、近年は入れ歯の開発が進み、機能性・審美性ともに優れたものがたくさん登場しています。もう、合わない入れ歯でがまんする必要はありません。入れ歯についてお悩みの方は、一度メディカルリンクスまでお気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • インプラントと比較し、費用が抑えられる
  • 手術を行う必要がない
  • インプラントと比較し、治療期間が短い
  • お手入れが簡単
  • 取りはずしてお手入れする必要がある
  • 装着に違和感があり、慣れるのに時間がかかる
  • 部分入れ歯の場合などには、引っかけるバネが目立つ
  • ずれたりはずれたりすることがあり、食べ物も比較的噛みにくい

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には保険が適用できるものと、自費になるものがあります。それぞれの特徴を理解し、適した入れ歯をつくりましょう。

保険の入れ歯 自費の入れ歯
メリット
  • 保険が適用でき、費用が抑えられる
  • 治療期間が短い
  • 修理が簡単
メリット
  • 選択できる素材や様式に制限がなく、審美性、機能性ともに理想のものが追求できる
デメリット
  • 選択できる素材や様式がかぎられており、審美性、機能性などを追究することはできない
デメリット
  • 自費診療となり、比較的高額になる
  • 治療期間が比較的長い
  • 修理も比較的難しくなる

取り扱い入れ歯紹介

レジン床
古くからある、もっともオーソドックスな保険適用の入れ歯。床部分がレジン(歯科用樹脂)でできており、厚みがあります。装着時に違和感があり、耐久性・審美性は比較的劣りますが、治療期間が短く、費用を抑えられるのがメリットです。
金属床
床部分が金属でできている自費診療の入れ歯。床が薄いためレジン床と比べて軽いほか、金属によって食べ物の温度が感じやすく、食事を楽しめるなどのメリットがあります。ただし、金属アレルギーの方には適応できない場合があります。
ノンクラスプデンチャー
弾力のある素材をつかった、バネのない自費診療の部分入れ歯。バネがないため目立たず、まわりの歯への負担を軽減します。また弾力があるためフィット感にも優れ、金属を使用していないためアレルギーの心配もありません。

自分の歯のようにしっかりと噛みたいという方はこちらをご覧ください。