気になる銀歯を自然な白い歯に

虫歯治療による銀歯。白い歯の中では目立ってしまい、口を開けるときに気になって……とお悩みの方は少なくありません。審美歯科ではセラミックを用い、そんな銀歯を自然な白い歯にすることができます。あなたも審美歯科で、「人前で思いきり笑いたい」という希望を叶えませんか?

セラミックと銀歯の比較

  セラミック 銀歯
外観
審美性 白さや透明感を、まわりの歯に合わせることが可能。どこを治療したのかわからない、自然な口元になります。 天然歯との差がはっきりしており、目立ちます。
耐久性 変色や摩耗がほとんどなく、メインテナンス次第で長くつかえます。 歯と接する部分にすき間ができることがあり、劣化するため、何年かに一度取りかえる必要があります。
まわりの歯への影響 硬さが天然歯とほぼ変わらないため、噛み合う歯を傷つけることがありません。 天然歯よりも硬いため、噛み合う歯を傷つけたり、摩耗させたりすることがあります。
身体への影響 金属アレルギーの心配がありません。 金属アレルギーの原因になることがあります。

銀歯のリスクについて

従来、虫歯治療に当たり前のようにつかわれてきた銀歯ですが、実は金属アレルギーを招く原因となることが、近年問題視されています。金属がお口の中で溶け出し、体内に吸収されることによって、アレルギーを引き起こしてしまうのです。

銀歯による治療には保険が適用できますが、こういったリスクもあります。もし、原因のわからないお肌のトラブルなどがある場合には、もしかすると銀歯が問題なのかもしれません。気になる症状がありましたら、一度ご相談ください。

取り扱い素材紹介

オールセラミック

セラミックのみでつくられた素材。自然な歯の白さと透明感が再現でき、耐久性にも優れています。また金属アレルギーの心配もありません。

審美性
耐久性
ハイブリッドセラミック

セラミックと、レジン(歯科用樹脂)をかけ合わせた素材。審美性はオールセラミックよりやや劣りますが、適度な柔軟性を持つため、噛み合う歯を傷めません。また金属アレルギーの心配も不要です。

審美性
耐久性
ファイバーコア

重度の虫歯治療で被せ物をする際の土台(コア)を、グラスファイバーを素材にしてつくった物。従来の金属製のコアと比べてしなやかさを持ち、歯根を傷めるリスクを払しょくしました。

審美性
耐久性
ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、薄いセラミック製の板を貼りつけて、歯の見た目や軽度の歯並び・噛み合わせを整える治療法。すきっ歯の方におすすめです。

審美性
耐久性

歯の黄ばみを白くしたいという方はこちらをご覧ください。