自分の歯のように噛める喜びを、もう一度

歯を失ってしまったときの治療としては、昔から入れ歯(義歯)がポピュラーですが、それに加え近年では、インプラントが注目されています。

インプラントとは、歯を失ってしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上に人工歯を装着する治療。インプラントが顎の骨としっかり結合することで、まるで天然歯のようなしっかりとした噛み心地を取り戻すことができます。さらに人工歯はセラミックでつくられるため見た目も美しく、機能性、審美性ともにとても優れている人気の治療なのです。

歯を失っても、今までと変わらない感覚で食事がとれるインプラント。「歯が抜けたが、どのような治療がいいかわからない」「今の入れ歯に不満がある」といった方は、インプラントしっかり噛める歯を手に入れてこれからの人生をより生き生きと過ごしませんか?

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 硬い物でも、自分の歯のように噛める
  • 入れ歯のようにズレたりはずれたりせず、違和感がない
  • 発音に影響もなく、今までと変わらない会話ができる
  • 味覚も天然歯と変わらない
  • 失った歯の部分単独での治療となり、まわりの健康な歯に負担をかけない
  • メインテナンス次第で、長期的につかい続けられる
  • インプラントを埋め込む外科手術が必要
  • 自費診療となり、費用が高額になる
  • 顎の骨の状態や全身疾患などによって、治療できないケースもある
  • 手術後の傷口の治癒期間などが必要なため、治療期間が長い
  • メインテナンスを怠ると、歯周病と同じ症状が現れて抜け落ちてしまうこともあるため、メインテナンスが欠かせない

インプラント治療の流れ

カウンセリング

はじめにカウンセリングを行い、治療へのご要望や疑問点などについて、じっくりと話し合います。

検査・治療計画

治療に必要な各種検査を行い、その結果と患者様のご要望を元に、治療計画を立てます。虫歯や歯周病などがある場合には、そちらの治療を先に行います。

手術

治療計画にご納得いただきましたら、治療を開始します。はじめに歯ぐきを切開して、顎の骨にインプラントを埋め込む手術を行います。

治癒期間

インプラントと顎の骨が結合し、傷口が治癒するまで約2~3ヶ月の期間をおきます。

人工歯装着

インプラントと顎の骨が結合したら、再び歯ぐきを切開してインプラントの頭を露出させ、人工歯を装着します。

メインテナンス

インプラントを長くつかい続けるには、治療後のメインテナンスが欠かせません。メインテナンスを怠ると、インプラント周囲に起こる歯周病「インプラント周囲炎」を招き、悪化するとインプラントは抜け落ちてしまいます。定期検診を欠かさず、しっかりとメインテナンスをしていきましょう。

よくあるご質問

自分の歯のように噛めるというのは本当ですか?

インプラントは顎の骨としっかり結合するため、硬い物でも問題なく自分の歯と変わらずに噛むことができます。

治療には、年齢制限はありますか?

インプラント治療を受けるには、年齢の上限はありません。ただし下限は、骨の成長がほぼ終わる16歳くらいとなっています。くわしくは、あらかじめご相談ください。

インプラントの寿命はどれくらいですか?

インプラントはメインテナンスをしっかり行っていれば、数十年にわたってつかい続けることが可能です。ただし、メインテナンスを怠ると長持ちさせることができませんので、毎日の歯磨きや定期検診は欠かさないようにしましょう。

金属が顎の骨に入ることで、身体には問題はありませんか?

インプラントに使用しているチタンは、生体親和性が大変高い金属であり、さまざまな外科手術に用いられています。腐食の心配もなく身体にやさしい素材ですので、心配いりません。

手術をせずに歯を取り戻すなら入れ歯がおすすめです。