お子様の歯の健やかな成長のために

「乳歯はいずれ生えかわるから、虫歯になっても大丈夫」と思われている親御さんがいらっしゃいますが、実はこれは大きな間違い。なぜなら乳歯の虫歯をほうっておくと、永久歯に生えかわるときには、お口の中は虫歯菌でいっぱいになっており、せっかく生えてくる歯もすぐに虫歯になってしまうからです。

またお子様の歯はやわらかく、大人の歯よりも虫歯になりやすいにもかかわらず、お子様自身ではしっかりお口のケアをすることができません。つまり、お子様の歯を守ってあげられるのは、親御さんだけなのです。

小児歯科ではお子様の虫歯治療はもちろん、虫歯をつくらないための予防にも力を入れています。お子様の歯の健やかな健康のために、悪くなる前から小児歯科に連れてきてあげてください。

歯医者嫌いにさせないために

お子様が歯医者嫌いになってしまったら、もし虫歯が見つかっても治療を受けることができなくなってしまうかもしれません。歯医者嫌いにさせないために、親御さんは次のことにご協力ください。

「歯医者さん」のことを、やさしく話してあげてください

歯医者に行く前に、「歯」や「診察を受けること」の大切さを、やさしく説明してあげてください。だまして連れてきたり、「痛くないよ」などと正しくないことをいったりするのも、後でだまされた気持ちになってしまうのでやめましょう。

「歯医者」の悪いイメージを植えつけないよう注意してください。

悪いことをしたら「歯医者さんに連れて行くよ」などと、悪いイメージがつくようなことはいわないようにしてください。また親御さん自身の治療で痛かった経験なども、安易に話さないようにしましょう。

治療後には、たくさんほめてあげましょう

治療後にはすぐ、「がんばったね」「えらかったね」とほめてあげてください。また帰宅後にもくり返しほめてあげることで、次もがんばれるようになります。

おやつにも大事な役割があります

一度にたくさんの量を食べられないお子様にとって、おやつは成長のために大切な「食事」の一つ。選び方によって、栄養面やお口の健康のために大事な役割を果たすことができます。おやつは次のことに注意して選ぶようにしましょう。

  • おやつは市販のお菓子にかぎったものではありません。栄養面を考え、イモ類や野菜、フルーツなどを積極的に取り入れるといいでしょう。
  • アメやガムを与える際には、キシリトール配合のものがおすすめです。
  • おやつは時間を決め、夕食後や就寝前には与えないようにしましょう。
  • 歯ごたえのあるものをあげることで、顎の成長を助けます。
  • やわらかい物、砂糖の多い物はできるだけ控えましょう。

小児歯科処置方法紹介

歯磨き指導
歯磨きは、一人ひとりのお子様のお口の状態に合った方法でする必要があります。歯科衛生士が、歯ブラシの選び方から動かし方など、ていねいに指導します。
フッ素塗布
フッ素には歯の再石灰化を促し、歯質を強くする効果があります。そこで定期的に歯の表面に塗布し、虫歯に強い歯にします。
シーラント
複雑な溝を持つため、虫歯になりやすい奥歯。そこであらかじめレジン(歯科用樹脂)でその溝を埋め、虫歯を予防します。
過剰歯の抜歯

通常の歯の本数より多く、余分な歯が生えてくるお子様がいます。歯並びを乱すなどの悪影響を生むことがあるため、多くの場合抜歯を行います。
床矯正
取りはずしのできる入れ歯のような装置を用い、顎の大きさを広げて歯の並ぶスペースを確保する治療。就寝中などに毎日一定時間装着します。

お子様の歯についてのご質問ご相談はお近くの医院までお気軽にお問い合わせください。