奥歯の奥の歯、親知らず

生えてくるときに強い痛みをともなう「親知らず」。多くの場合抜歯することになるため、あまり好かれている歯とはいえません。

親知らずとは永久歯がすべて生えそろった後に、10代後半から30代にかけて生えてくる、いわゆる「奥歯のさらに奥の歯」。ある人とない人がおり、またあっても生えてくる人とこない人がいます。多くの場合横を向いたり斜めに生えてきたりするなどし、さまざまなトラブルを引き起こすため、抜歯が必要となるのです。こちらでは、そんな親知らずについてくわしくご紹介します。

親知らずは必ず抜かなくてもいいんです

親知らずは、多くの場合抜歯が必要となりますが、中には抜かなくてもいいケースもあります。

抜歯が必要なケース
  • 曲がって生えているため食べかすが溜りやすい、また歯磨きがしにくいという場合には、虫歯になりやすいため抜歯が必要
  • 横を向いて手前の歯を強い力で押し、歯並びに影響する場合
抜歯が不要なケース
  • 正しい向きできちんと生えている場合
  • 歯磨きのジャマにならない場合
  • 将来、歯の移植治療につかえる可能性が見込める場合

親知らずは移植できます

親知らずは「ジャマだから抜いてしまうもの」と思われがちですが、場合によっては抜歯後に必要な場所に埋め直す「歯牙移植」に利用することができます。条件が合って親知らずを移植することができれば、自分の歯を利用することでなじみも良く、人工歯の費用がかからないなど大きなメリットを得ることができます。

メディカルリンクスでは歯牙移植に対応していますので、親知らずが移植できるかどうかなど、ご興味のある方は一度お気軽にご相談ください。

その他のお口のトラブルについて ~口腔外科の診療~

親知らずの抜歯は「口腔外科」で行います。口腔外科では親知らず以外にも、さまざまなお口のトラブルに対応しています。以下のような症状がある場合には、口腔外科にお気軽にご相談ください。

親知らず・その他の抜歯 親知らずや、その他の抜歯が必要となったケースに対応します。
歯牙移植・再植 歯を失ってしまった部分に親知らずを移植したり、抜けてしまった歯を元の場所に埋め直したりします。
口腔内のできもの・腫瘍 なかなか治らない口内炎や、お口の中のできもの、粘膜異常、腫瘍などの診断・治療を行います。
口腔内・顎のケガ お口の中や顎のケガに対する治療を行います。
顎関節症 「口が開けにくい」「顎が鳴る」「顎が痛い」などの症状が現れる「顎関節症」の治療を行います。

お口のトラブルに関することはお近くの医院までお気軽にご相談ください。