「歯並び」は見た目だけの問題ではありません

「歯並び」というと、見た目の問題だけだと思われる方も少なくありません。しかし実際には、歯並びの乱れがあると、虫歯歯周病になりやすかったり、噛む力のバランスが乱れ、顎の成長や全身にまで悪影響を与えてしまったりすることもあるのです。

歯並びの乱れは、矯正治療で治すことができます。メディカルリンクスでは、一人ひとりに適した矯正治療方法をご提案します。歯並びでお悩みの方は、一度お気軽にご相談ください。

矯正をするメリット・しないリスク

矯正するメリット 矯正しないリスク
  • 口元のコンプレックスがなくなる
  • 虫歯や歯周病になりにくくなり、歯の寿命が長くなる
  • 食べ物をしっかり噛みくだけるようになり、胃腸への負担を軽減できる
  • 口元にコンプレックスが生まれることがある
  • 虫歯や歯周病になりやすくなり、歯を失ってしまうことにつながる
  • 食べ物をしっかり噛みくだくことができず、胃腸に負担がかかる
  • 噛む力が顎に伝わるバランスが悪いため、顎や顔つきの成長、また全身のバランスにも悪影響を与えてしまうことがある

矯正をした後が重要です ~保定期間について~

矯正治療で歯並びが整った後には、保定装置を装着する「保定期間」があります。歯は、矯正装置によって一度正しい場所に移動しても、ほうっておくと元の場所に戻ろうとする力があるため、この保定期間がとても重要になるのです。

保定期間をおろそかにすると、長い期間をかけた矯正治療がムダになってしまいます。保定期間は矯正治療の「最後の仕上げ」と考え、保定期間中も定期的に通院して医師のチェックをしっかり受けましょう。

取り扱い装置紹介

ストレートワイヤーを用いた装置

・マルチブラケット+シルバーワイヤー

もっともオーソドックスな矯正装置。ブラケットという金属製の小さな装置を歯の表面に取りつけ、それにシルバーワイヤーをとおして歯を動かしていきます。ほとんどの症例に対応でき、効果も得やすい装置です。

・セラミックブラケット

歯の色に近いセラミック製のブラケットを用いた装置。装置が目立ちにくいのがメリットです。
リンガル(舌側)矯正装置
歯の裏側にブラケットを取りつける装置。他人から装置が見えにくいのがメリットです。すべての症例に対応できるわけではありませんので、あらかじめご相談ください。
ミニインプラントを用いた矯正装置
ミニインプラントを埋め込み、それを固定源として矯正治療を行う装置。固定源がしっかりしているため、効果が得られやすく、治療期間を短縮することが可能です。

歯並びのお悩みなどは一度お近くの医院までお気軽にご相談ください。