「予防」が、あなたのお口の健康を守ります

虫歯ができたら治療する」
歯周病になったら治療する」

このような「対症療法」として行われるのが、今までの歯科治療でした。しかし虫歯や歯周病は、いくら良い治療をしても再発を起こしやすい病気であり、実は日本における歯科治療の3分の2が「再治療」だと言われています。

つまり本当に歯を守るためには、「治療」では遅いということ。近年ではその認識がようやく広まり、「予防」の大切さが見直されてきています。早期発見・早期治療は大事なことですが、もっと優先すべきなのが「予防」です。長い人生を自分の歯で楽しく暮らしていくために、「予防」に積極的に取り組みましょう。

歯の大事な役割をご存知ですか?

歯には、とても大事な役割があります。失ってから気づく……ということのないよう役割をしっかり理解し、大切な歯を守っていきましょう。

【役割1】
食べ物を噛む
食べ物をしっかり噛みくだくことで、栄養の吸収を助けます。また胃腸への負担も軽減します。
【役割2】
味覚を助ける
食べ物が持つやわらかさ、硬さなどを「歯ざわり」「歯ごたえ」などによって感じ、味覚を助けます。
【役割3】
正しい発音をサポートする
舌や唇の位置を正しくし、空気のもれる量などを調節することによって、正しい発音を助けます。
【役割4】
異物を認識する
口に異物が入ったときに、「硬すぎる」など認識して発見する役割を持っています。
【役割5】
力を発揮する
スポーツなどで瞬発力が必要となったとき、人は歯をしっかり噛みしめることによって力を発揮します。
【役割6】
表情をつくる
美しい歯はもちろん、噛む力が顎に伝わることで顔つきのバランスが整い、豊かな表情をつくります。

予防メインテナンスのプロ「歯科衛生士」におまかせください

予防の基本は毎日のご自宅での歯磨きですが、どんなに丁寧に歯磨きしているつもりでも、どうしてもすべての汚れを落とすことはできません。そこで歯科医院で、予防メインテナンスのプロである「歯科衛生士」の力が重要になります。

歯科衛生士は、お口の健康管理に関する豊富な知識と技術を持ったスタッフ。お口の中を徹底的にクリーニングするとともに、予防のアドバイスなどを行う「予防のパートナー」なのです。どうぞ、お口の健康づくりについての疑問は、歯科衛生士におたずねください。きっとあなたのお役に立ちます。

予防方法紹介

定期検診
お口の中の状況は常に変化するものですが、自分自身では見ることができません。定期的に診察を受けることで、わずかな変化を早期に見つけ、対処することができます。
歯磨き指導
歯磨きは、一人ひとりの歯並びやお口の状態に適した方法で行う必要があります。毎日のご自宅でのケアを効果的に行うために、メインテナンスのプロである歯科衛生士が、適切な歯磨きの方法を指導します。
PMTC
STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
歯の専門家が専門の器具をつかって行う、歯のクリーニング。日頃の歯磨きだけでは落とし切れない歯と歯、歯と歯ぐきの間の汚れを徹底的に取り除きます。最後にツルツルに磨き上げ、汚れの再付着も予防します。
フッ素塗布
フッ素には歯の再石灰化を促し、歯質を強くする効果があります。そこで定期的に歯の表面に塗布し、虫歯に強い歯にします。
噛み合わせのチェック
噛み合わせが乱れていると、噛む力のバランスが崩れ、顎や顔つき、また全身のゆがみにまでつながってしまうことがあります。定期的に噛み合わせをチェックし、必要であれば矯正治療をご提案します。

予防や定期検診に関することはお近くの医院までお気軽にお問い合わせください。